合田道人のこのひと、歌暦
第11回 畠山みどり

開催日:平成30年8月18日(土)
開場 13:30 開講 14:00
入場料:2,000円(指定席制)
※参加をご希望の方はご予約下さい。

歌謡界を彩る歌手の方々をお招きし、ナビゲーターの合田道人先生との対談で歩んでこられた歌暦を辿っていきます。11回目となる今回はゲストに畠山みどりさんをお迎えします。

畠山みどり プロフィール
昭和14年、北海道稚内に生まれる。高校卒業後デザイナーを志し上京、文化服装学院に入学する。その後、歌手の道を勧められ休学し、昭和34年から船村徹に師事。昭和35年、コロムビアの入社テストに合格し市川昭介に師事する。昭和37年 6月、「恋は神代の昔から」でレコードデビュー。同年12月に発売した「出世街道」が大ヒットし一躍スターとなる。以後「人生街道」「女侠一代」「ツキツキ節」などが続けてヒット。昭和38年、NHK紅白歌合戦に初出場する。日舞、日本太鼓、タップダンスなどの特技を持ち、趣味のスキーでは、“技能テスト1級”に合格している。平成23年 、歌手生活50周年記念曲「また逢いませう」を発売、記念リサイタルをNHKホールにて開催した。

ナビゲーター 合田道人(作家・歌手)
一般社団法人日本歌手協会常任理事。一般社団法人日本音楽著作権協会正会員。昭和36年北海道釧路市に生まれる。昭和54年高校在学中に渡辺プロからシンガーソングライターとしてデビュー。翌年数々の新人賞を受賞。その後、音楽番組の構成、演出、司会、CD監修などに加え、新聞、雑誌での執筆、作詩、作曲、ラジオDJなど多方面で才能を発揮する。『童謡の謎』、『神社の謎』シリーズなどの著書がベストセラーを記録。現在はBSジャパン「武田鉄矢の昭和は輝いていた」などに出演し、昭和歌謡に関する様々な知識を披露している。本年4月に40周年記念曲「十と二つの志」を発売。近著に「詞と曲に隠された物語 昭和歌謡の謎」(祥伝社新書)。

画像:ゲスト:畠山みどり

ゲスト:畠山みどり

画像:ナビゲーター:合田道人

ナビゲーター:合田道人

画像:

 

画像:

 

 
  • アクセス方法はこちら
  • お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る