日本 歌めぐり ⑨ 三重、滋賀

平成30年12月1日(土)~平成31年3月31日(日)

日本 歌めぐり

日本全国には、その土地それぞれに、美しい自然や古い寺社仏閣、建物、名跡そして伝統行事や名物の食べ物などが数多くあります。そのような各地の地名や歴史・文化・風習などを取り入れた歌は、「ご当地ソング」と呼ばれ各地を彩り、地域の振興に果たしている 役割は小さくありません。
「日本 歌めぐり」では、日本各地を歌った様々な歌を、その地域ごとにテーマにしてご紹介します。


第9回 三重、滋賀

第9回目は、三重と滋賀の歌をご紹介します。
三重と滋賀は、日本・本州のほぼ中央に位置します。三重は、伊勢湾から熊野灘まで続く豊かな海に恵まれ、伊勢神宮は江戸時代から多くの参拝者を集めています。一方の滋賀は、島国日本に8つしかない内陸県のうちのひとつで、日本一大きな湖 琵琶湖を有し、中世から近世にかけて水運の要衝として発展します。また、陸路の要衝でもあったことから、この地を求めて多くの戦国武将たちが争いました。
三重、滋賀の特徴がどのように歌に表れているかをご紹介します。

画像:三重、滋賀 歌マップ

三重、滋賀 歌マップ

画像:伊勢の女

伊勢の女

画像:志摩半島

志摩半島

画像:たそがれの湖

たそがれの湖

 
  • アクセス方法はこちら
  • お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る