日本 歌めぐり ⑩ 奈良、和歌山

令和元年9月10日(火)~11月30日(土)

日本 歌めぐり

日本全国には、その土地それぞれに、美しい自然や古い寺社仏閣、建物、名跡そして伝統行事や名物の食べ物などが数多くあります。そのような各地の地名や歴史・文化・風習などを取り入れた歌は、「ご当地ソング」と呼ばれ各地を彩り、地域の振興に果たしている 役割は小さくありません。
「日本 歌めぐり」では、日本各地を歌った様々な歌を、その地域ごとにテーマにしてご紹介します。


第10回 奈良、和歌山

第10回目は、奈良と和歌山です。
奈良と和歌山は、近畿地方の中央南部に位置し、日本最大の半島・紀伊半島の多くを占めます。奈良は、海を持たない内陸県です。古墳時代から奈良時代には、飛鳥の都や平城京が置かれ、大いに繁栄しました。シルクロードの終着点としても有名です。一方の和歌山は、江戸時代に徳川御三家の紀州徳川家が置かれ、征夷大将軍を輩出しました。また、豊かな山林と海岸線を持ち、自然に恵まれた地でもあります。奈良と和歌山はともに、険しい山地を抱え、奈良・和歌山および三重に跨る「紀伊山地の霊場と参詣道」は、平成16年に世界遺産に指定されました。
奈良、和歌山がどのような歌に歌われているかをご紹介します。

画像:熊野古道(水森かおり)

熊野古道(水森かおり)

画像:女人高野(田川寿美)

女人高野(田川寿美)

画像:和歌山ブルース(古都清乃)

和歌山ブルース(古都清乃)

画像:夢・浪漫・NARA(島倉千代子)

夢・浪漫・NARA(島倉千代子)

 
  • アクセス方法はこちら
  • お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る